クッション座面のオフィスチェアを使っている方はアルカリ電解水を用意しておきましょう!

いざというときのためにアルカリ電解水を準備しておきましょう!
  • URLをコピーしました!

オカムラのコンテッサセコンダを使い始めて2年くらいが経ちました。
何事もなく快適に過ごしていましたが・・・やってしまいました。

目次

盛大にコーヒーをこぼしました!

パソコンの側にいつもコーヒーを置いているのですが、倒れにくいタンブラーを使っていることもあり平穏でした。
ちなみにタンブラーはこちらです。

\スマイルSALE ゴールデンウィーク!/
Amazon

手をぶつけるくらいなら倒れないのですが、さすがにヒジをぶつけたら倒れました・・・

そして、コンテッサのクッション座面にこれでもか・・・というくらいかかりました。
ちなみに、色がオレンジなので目立つこと・・・

終わったわ・・・

頭の中に、強風オールバックが流れました。

強風オールバック

ちなみに、写真を撮っている余裕などないので写真はありません。

とりあえず対処

たまたま近くにアルカリ電解水を10倍に薄めたスプレーボトルがありました。
コーヒーがかかった部分にこれでもかというくらいかけて、吸水タオルで押さえつけて吸わせました。
吸わせては洗って、また吸わせては洗ってを繰り返しました。
たまにアルカリ電解水をかけて、同じ事を何回か繰り返しました。

どこかのサイトで、染みにならないように全体に吹きかけると良いと書いてあったのを思いだしました。
コーヒーの色移りがなくなったら、座面すべてにアルカリ電解水を均等になるようにかけました。

そして、吸水タオルと古くなったバスタオルである程度水分を吸わせました。
本来はバキュームクリーナーがあれば一番良いのでしょうが、なかったのでバスタオルに吸わせました。

乾燥には数日

一番時間がかかったのが乾燥です。
ヒーターが当たるような場所に置いたり、バスタオルを数枚重ね、間に大きなビニールを挟んで座面に置いたりしました。

概ね3日くらい経つと、気にならないくらいに乾きました。

最終的にどうなったか

中のクッション部分はわかりませんが、染みやにおいはまったく残りませんでした。
少し汚れていた部分もきれいになり、こぼす前よりもきれいになりました。
不幸中の幸いでした。

調べてみると、オフィスチェアの清掃にはアルカリ電解水を使うのが良いようです。
こぼしてすぐに対処したこと、たまたま近くにあったアルカリ電解水が功を奏したようです。

まとめ

いざというときのために、以下の3つを用意しておいた方が良いと思いました。
アルカリ電解水とバキュームクリーナーがあれば、普段から掃除する気になると思うので、きれいに保てると思います。

アルカリ電解水のスプレー

いろいろな商品が出ていますが、価格などを考えるとお手軽だと思います。
良く使う方は大容量のものを使っても良いと思います。

吸水タオル

こちらも何でも良いと思います。
良く吸水するものを用意しておきましょう。

\スマイルSALE ゴールデンウィーク!/
Amazon

バキュームクリーナ−

なくてもなんとかなります。
すぐに椅子を使いたいのであれば、用意しておいた方が早く乾くと思います。

後悔しないように、アルカリ電解水と吸水タオルは用意しておきましょう!

おまけ

コンテッサセコンダはとても使いやすいオフィスチェアです。
価格はとても高いですが、手元でリクライニングの調整ができたり、座面の高さが変えられるのは思っていたよりも便利でした。
アーロンチェアの方が小型でフィットするので最後まで悩みましたが、コンテッサセコンダほどの快適さはないので、コンテッサセコンダを選択したことは自分には合っていたかなと思います。

ちなみに、私の選んだコンテッサセコンダはこちらです。

モデルCC83BW-FPD8
カラーオレンジレッド
座面クッション
フレームカラーポリッシュ
ボディカラーホワイト
アームアジャストアーム
ランバーなし
ハンガーなし
ヘッドレストなし
キャスターウレタン
コンテッサセコンダの仕様

ヘッドレストがないモデルにしましたが、存在感も少なくなるので良かったと思います。
動画を観るときなど欲しいと思う時もありますが、以前ゲーミングチェアを使っていた時に結構邪魔になることがありました。
また、無いことですぐに伸びることができるので、個人的には無くて良かったかなと思っています。

購入される場合は、楽天市場やYahoo!ショッピングでポイントバックが大きい時を狙いましょう。

いざというときのためにアルカリ電解水を準備しておきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次